交通事故にあってしまった時の対処

交通事故に遭ってしまった時の対処

 

まずは最優先に「ケガ人の救助」と道路上の危険を取り除く

交通事故が起こった場合、すぐに運転を停止しなければなりません。

自分が加害者・被害者を問わず、ケガ人が居た場合、最優先で救助しなければなりません。

何物にも変えられない命の危機が迫っていますから、負傷者は最優先で救助しましょう。

 

間違っても、その場から走り去ってしまうのは絶対にダメです。

後々、刑事事件になった場合、重い処罰を受けることになります。

 

負傷者に対して、できる範囲での応急処置を行い、すぐに救急車を呼びます。

交通事故の初動体制で大切なのは「人命救助」です。

人命救助を行なったかどうかで、その後の刑事処罰の処遇も変わってきます。

 

 

負傷者が道路の真ん中で倒れている場合

道路脇などの安全な場所まで移動させましょう。

止血などの応急処置が必要であれば可能な範囲で行います。

また、交通量の多い道路などの場合には二次被害を防ぐ為にも車両は安全な場所まで移動させます。

 

事故車の窓ガラスの破片や部品等

交通の妨げとなるものが道路上に散乱している場合は片付けます。

そして、発煙筒や三角表示板を事故現場よりさらに後方に設置し、後続車に事故の発生を知らせ、二次被害を防ぎます。

特に、高速道路では連鎖的に交通事故が発生しやすいので、十分に気を付けましょう。

 

 

現場での事故直後の対応が終わったら警察へ事故の報告

救急車の手配が済んだ後、警察に通報します。

警察が事故現場に到着するまでは時間が掛かりますので、

事故を起こした加害者も、被害者も安全な場所に避難してください。

 

『大した事故でないから通報しない』

 

という自己判断はしないでください。

法律上、警察への報告義務はありますのでそれを怠れば刑事処罰となる恐れもあります。

また、警察への報告を怠ると、保険会社に保険金を請求する際に必ず必要となる

 

「交通事故証明書」

 

が発行されません。

加害者には報告の”義務”がありますが、加害者が報告をしないことがあります。

その場合には被害者からも報告する事ができます。

 

 

特に、被害者が歩行者で人身事故が起こった場合

被害者側には警察への報告義務はありません。

 

このケースで加害者が警察への報告を怠ると

「交通事故証明書」が発行できない上、その責任のすべてを加害者が脊負うことになります。

 

歩行者相手に人身事故を起こしてしまった場合、交通事故の警察への報告は絶対忘れてはいけません。

 

 

相手と加害車両の情報収集

交通事故が起こったら、

相手の加害者(被害者)の

 

☆氏名・住所・自宅の電話番号・携帯の電話番号

☆車の登録ナンバー、自賠責保険(共済)、証明書番号

☆勤務先や雇主の住所、氏名、連絡先

(※業務中の事故であれば、運転者だけでなく雇主も賠償責任を負う事があります。)

 

をしっかりと確認します。

可能であれば、携帯電話のカメラで

免許証と車検証の写真を撮影しておきましょう。

 

 

交通事故直後は

事を穏便に済ませる為に相手が誠実な態度を取っていても

時間の経過と共に、態度や話の内容が変わることはよくあることです。

 

 

交通事故直後の記録を残す

交通事故は一瞬にして発生します。

そのショックの影響と交通事故が起きた事によるパニックで冷静な判断力が鈍っていると

交通事故当時の記憶は、時間の経過と共にどんどん薄れる傾向があります。

 

記憶のみに頼ると、

加害者と被害者に間で後から意見の相違が起こります。

ですので、交通事故発生時は必ず

 

・事故現場の見取り図

・事故の経過、痕跡、ブレーキ痕

・壊れた自動車などの部品等

・加害車両と被害車両の写真

 

などの残しておける記録はキチンと残しておきましょう。

賠償交渉終了時まで残しておけば安心です。

 

 

可能であれば目撃者の名前と連絡先は聞いておきましょう。

後日、加害者と被害者間で言い争いになった時に重要な証拠となりますので。

 

 

自分の加入している保険会社に事故の連絡をします。

交通事故が起きた際に

自分の乗っていた車が加入している保険会社に連絡をして下さい。

 

 

搭乗者傷害保険を掛けている場合、請求することが出来ます。

(搭乗者傷害保険は等級に影響しない事故の1つ。

等級を下げることなく、保険料を受け取ることができるので、絶対請求しましょう。)

 

また、搭乗者傷害保険の他に人身傷害保険にも加入している場合は

交通事故によるケガや入院で、搭乗者傷害保険と人身傷害保険、どちらも請求することができます。

 

 

外傷がなくても整骨院に必ず受診しましょう

救急車で搬送されるような大怪我であれば

当然、病院や整骨院を受診する事になります。

 

ただ、目立った外傷もなく症状も出ていない場合は受診しない人も多くいます。

 

交通事故の直後は

アドレナリンやエンドルフィンが分泌されて興奮状態になりやすく

痛みが出ない・症状が出ない、といった事もありますが

必ず当日のうちに受診してください。

>【交通事故】垂水区で交通事故!痛みは無いけど、どうすれば?【腰・首の痛み】

 

上記の記事のように

例えその日は何の症状が出なくても

アドレナリンやエンドルフィンの分泌が低下し

興奮状態から覚めた後で、何らかの症状が現れることは良くあります。

 

「軽い事故」と思っていても、

実際は、相当なダメージを身体が受けているかもしれません。

 

『大した症状では無い』

 

と思いこまず、

まずは第一に身体の事を考えて整骨院もしくは病院で受診するようにしてください。

 

 

 

 

 

 

 

下記の電話番号よりお問い合わせください。

スマホの方はクリックして頂けると直接お電話可能です。

 

↓↓↓ クリック ↓↓↓

 

 

交通事故無料相談
 

 

 

また、LINE@でのご予約もお受けしております。

お気軽にご連絡頂ければと思います。

 

 

交通事故の治療はしっかり行おう!-ある交通事故患者様の一例です-

 

 

Bさんのように

交通事故の怪我を軽いものだと思い込み

しっかりと治療しないで放置しておくと

 

冬場の寒い時や、天候の悪い時など、

身体や神経の乱れやすい時期に異変が出易くなります。

 

Bさんのように

後々、身体が辛くなって後悔している患者様を数多くみてきました。

 

ですから、当グループの整骨院では

どの様な経過を辿って治療をしていくのが良いかを説明し

治療計画を立て、治療期間内でしっかりと治療をしていきます。

 

正直、仕事やプライベートなど

他の予定で忙しいとは思いますが、今治療しておかなければ

後々辛い思いをするのは「患者様ご自身」です。

 

それを念頭に置いて考えて頂き

交通事故でご来院される際はしっかりと治療を行い

完治するまで、続けてご来院して頂ければと思います。

 

 

HCCグループ、各エリアの整骨院をご紹介

 

神戸エリア

名谷まちの整体整骨院まっち整体整骨院あゆみ整体整骨院

まはろ整体整骨院にこり整体整骨院ぴーす整体整骨院

きずな整体整骨院玉津ゆるり整体整骨院ひなた整体整骨院

六甲道こころ整体整骨院

 

明石エリア

きらり整体整骨院

 

三木エリア

さーふ整体整骨院

 

加古川エリア

すばる整体整骨院

サブコンテンツ

このページの先頭へ