「シビレ」のある交通事故の症状について

交通事故に遭い、腰や首が痛くなり

もっと症状が悪化すると「シビレ」を伴う事があります。

 

痛みがある段階で治療をすべきですが

シビレがある場合は早急に対処しなければなりません。

 

体には神経が張り巡らされており

手足を動かしたり、熱い・冷たいと感じるにも全て神経によるものです。

この神経が交通事故により、多大な損傷を受けると

症状として「シビレ」が出ることがあります。

 

ほとんどの場合は

筋肉や骨、軟部組織により神経が圧迫され

潰される時に痛みやシビレが出るのですが

この状態を長い期間続けていると、神経が間違った情報を伝えるようになります。

 

「圧迫され潰されている」

 

という事実が解消された後であっても

誤認知した状態になり、痛みや痺れをいつまで経っても脳に伝えるようになります。

 

極端な例として「幻肢痛」というものがあります。

手や足を手術や怪我などで失った後も

手や足がある様な感覚や痛みを感じてしまう現象ですね。

 

これが、まさに神経の誤認知です。

 

「幻肢痛」と同じように「シビレ」は放置しておくと

誤認知を起こし、治った後も「シビレ」が続く状態になります。

そうならない為にも、早期治療を行う必要があります。

 

神経はレントゲンでは写らないので最終的な診断はMRIによりますが

少しでも違和感やシビレ感を感じるなら病院でMRIの撮影をしてもらいましょう。

 

交通事故の治療はしっかり行おう!-ある交通事故患者様の一例です-





Bさんのように
交通事故の怪我を軽いものだと思い込み
しっかりと治療しないで放置しておくと

冬場の寒い時や、天候の悪い時など、
身体や神経の乱れやすい時期に異変が出易くなります。

Bさんのように
後々、身体が辛くなって後悔している患者様を数多くみてきました。

ですから、まっち整体整骨院では
どの様な経過を辿って治療をしていくのが良いかを説明し
治療計画を立て、治療期間内でしっかりと治療をしていきます。

正直、仕事やプライベートなど
他の予定で忙しいとは思いますが、今治療しておかなければ
後々辛い思いをするのは「患者様ご自身」です。

それを念頭に置いて考えて頂き
交通事故でご来院される際はしっかりと治療を行い
完治するまで、続けてご来院して頂ければと思います。


診療時間・アクセス



 


■診療時間

月・火・水・金・日 9:00〜12:00 14:00〜19:00
土         9:00〜14:00
定休日 木曜日 (日曜・祝日も診療しています!)

■住所
〒655-0884
兵庫県神戸市垂水区城が山1-7-25

■アクセス
山陽電鉄 滝の茶屋駅から徒歩2分。
駅北側のトーホーさんがある商店街の中です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ